It's a cupcake not a toadstool !

綺麗な教会、街を彩る花、素敵な小さいお店、 でも、実はドロドロ歴史の舞台だった、 そんなイギリスの小さな田舎町から

Seasonal Events

聖パトリックの日。緑色を着ましたか?

3月17日は、聖パトリックの日ですクローバー
カレンダーにも「st.Patrick's Day」って書いてあるけど、イギリスでは
それほど盛り上がらない。
彼はアイルランドの守護聖人なので、アイルランド本島では祝日、
アイリッシュ移民の多いアメリカでは、パレードなどをしているようですクローバー
くわしくはこちら
http://matome.naver.jp/odai/2133181030747397701

イギリス発祥のお祝いごとって少ないんだよね。
ガイフォークスデーぐらい。
歴史上の政治犯を処刑して、ロンドンを火事から守った記念日ということで
花火を上げたりするけど、お祝いとしては…どうかと思う
ただ最近は、パーティー好きの人が多いのか?バーンズナイト(スコットランド)や
聖パトリックの日など、他の国や地域のお祝いごとも輸入中。
「詳しくは知らないけど、盛り上がれるならパーティーしよ~」って感じ。

今日はお仕事だったのですが、ケアホームでは入居者に緑の服を着せたり
アイリッシュのラムパイや、ミント味のチョコなどデザート+ギネスでお祝い。
聖パトリックは、3つ葉のクローバー(シャムロック)を手にキリスト教を布教したので
シャムロックはアイルランドの国花になり、アイリッシュと言えば緑色クローバー
この17日に緑色を着てないと不幸になる?とか色々な噂があるらしい。
とりあえず、カーディガンを着ておいた。

人生初の外国滞在が、実はアイルランドですクローバー
キルケニーという南中央にある小さな町での、1か月ホームステイでした。
同じ時期にフランスから来た男子とかも、同じ家にステイしてたけど、
あまり覚えてない。
他の留学生は大人だったし、自分の部屋にいることが多かった気がする。
小学生ぐらいだった家の子供たちと、私は結構仲良くなったりして、
一緒によくシンプソンズを見てたなぁ。
海に連れてってくれたり、割と家族に可愛がられてたと思う。

自分の部屋の窓からは、家の向かいにある牧場の牛たちが見えて、日の長い夏の夜に
庭で野球ごっこ?をしたり、年下のホストシスター達と星を見ながら、
テントで寝たりしました。
もう12年も前のことなので、細かいことは覚えてないけど、良い思い出です
あのお家で、おばあちゃんが作ってくれたラザニアを食べてから、多分ラザニア好きに
なったのかも。今、ふと思いました。
1か月で○㎏太って帰ってしまったけれど。。。

おじいちゃんがポーカーを教えてくれたり、日本で習ったアメリカ英語も直してくれた。
真面目に世界大戦のことを色々話してくれたり、当時の私のつたない英語で戦時中の日本
のことを話し合ったりしました。
鉛筆画にハマってたので、最後におばあちゃんとおじいちゃんの似顔絵を描いたなぁ。
あ、家の冷蔵庫に名探偵コナンとポケモンのシールが貼ってあったっけ。。。
私の中の、海外に対してのなんとなく良い印象や、「人類みんな友達」みたいな楽観的な信頼は、
アイルランドで培われたのかも。
いつかキルケニーに、もう一度行ってみたいと思いますクローバー

【ブログを移行中です。新しいブログは→こちら

PancakeDayに日本のパンケーキを。

パンケーキデイというのがヨーロッパにはあります。
冬の終わりから春にかけて、キリスト教にとっては実はクリスマスと並ぶ大事な時期。
国や地方によって行事は異なりますが、イタリアのベニスやスペインなどで有名な
カーニバルとパンケーキデーは同じ由来から派生しました。

毎年日にちが違うのですが、大まかには
2月中旬~3月上旬:カーニバル・パンケーキデイ
4月:イースター


カーニバルからイースターの間の40日間は、キリストが荒野で断食生活をした期間。
神から与えられたキリストへの試練は、人間の罪を償うために自らの命を犠牲にすること。
神の子なので「自分が裏切りに遭い、理不尽な罪を着せられて、十字架に磔られて死ぬ」
ということをキリストは知っていました。
その使命を全うする精神力を鍛えるため?山籠もり、断食をして最後の修行に励みます。
この荒野での生活は厳しいもので、悪魔の誘惑にあったり、厳しい環境で修行?
してるのに、荒野から帰ると弟子が寝てて、キリストもちょっとヘコんだりしました。

カーニバルの由来が何かというと。
西ヨーロッパに古代からある春のお祭りが、キリスト教と混じったものなど諸説あります。
キリスト教の中での扱いはというと、断食の前、最後に美味しい物をたくさん食べて、
そのあとの断食期間に備えるというもの。
語源はイタリア語で「carne vale、肉にお別れ」といい、日本語では謝肉祭とも訳されます。
断食=肉を断つ。
カーニバルは普通、1週間かけて行われますが、最終日は大抵、火曜日。
この火曜日が、イギリスだとパンケーキデーと呼ばれ、その日のデザートに最後のタンパク質
卵を食べるのが習わしです。


じゃ、イースターは何かというと。
日本でも、最近はディズニーランドでイースターとかいいますが、実はこれもキリスト関係。
弟子のユダの裏切りにあって、キリストを良く思わないユダヤ人たちにより裁判に
かけられ、処刑されたキリストが復活したことへのお祝い。
日本語だと、イースターは復活祭といいます。
キリストの誕生であるクリスマスも重要ですが、彼が神の子であるという証明になるのは
「人間なのに生き返って、そのあと昇天した」ということ(一応、聖書上は)。

学生時代に習ったこととか、イギリスで教会の付き添いに行った時に教えてもらったこと
を纏めてみました。

イギリスは、あまりカーニバルの風習はありませんが、今でもパンケーキはこの日に食べます。
日本のホットケーキとは違い、薄いのでどちらかというとクレープに近いです。
私とJはパンケーキデーを前に、お好み焼きを作ることにしました。
材料が、BabySavoy(クシャクシャのサボイキャベツ)・ベーコン・ブラウンソース。
凄く洋食の匂いがします…。

JapanesePancakeとも言われるお好み焼き。
HairlyBikersはJapanesePizzaと称してました。
パンケーキとピザ、どちらの表現がお好み焼きに近いかは微妙だな…。
そういえば先日、発見したのですが、Pizzaというイタリア語は英語だとPieだということ。
ミートパイやアップルパイのパイ。今更だけど、なるほどなぁ~と思ったのでした。

Auld Lang Syne at Burns Night Party

今日、私の働くケアホームではBurn's Night Partyが開かれています。
ボランティアをしていた過去2回は参加できたのですが、今回は帰宅のバスの事情で不参加。
好きなパーティーなので、残念です。

このパーティー、クリスマスやハロウィンみたいにメジャーではないので、
イギリスでも知らない人が多いかな?
29

Robert Burnsという、スコットランドの詩人の誕生日(1月25日)を記念したお祝い。
なんともマニアックなパーティー。

実はこのBurnsさん、スコットランドを旅すれば1回は肖像画を目にするという有名人。
彼の作品で最も有名なのが、スコティッシュで「Auld Lang Syne(オールド・ラング・サイン)」
日本では「蛍の光」として有名な歌の歌詞を彼が書きました。

このパーティーでは、バグパイプの演奏に合わせて、トレーに乗せられたハギスという
スコットランド伝統料理が登場。
Burnsの別の作品”Address to a Haggis”という詩を朗読した後に、ハギスにナイフを入れる
という儀式?をします。

昔ボランティアをしてくれてた医学生がバグパイプを吹けるので、ホームでは彼に毎回お願いし
伝統的なタータンを着て、演奏してもらいます。
スコットランドの観光地に行くと、街角に立って演奏しているパイパーを見かけます。
エディンバラでは、ロックやポップをギターで歌う大道芸人?は皆無で、パイパーばかりです。

28

パーティーに話を戻すと、
切り分けたハギスを食べたり、スコットランド名物のウイスキーなどアルコールを楽しみます。
ハギスは、イギリスのガイドブックに必ず載ってる?名物料理ですが、好き嫌いが分かれる。
羊の胃袋にひき肉・野菜・オーツ麦などをスパイスと一緒に入れて、煮込んだものです。
説明だけ聞くと「うっ…」としり込みしてしまうけれど、食べてみれば案外おいしい?
私は結構好きです。

食事が終わると、スコットランドの音楽に合わせて、ダンス。
廻りつつ、パートナーを交換しながら踊ります。
何種類か定番の音楽があるので、踊ってるだけでけっこう疲れる。

パーティーの最後には、『蛍の光』をみんなで歌って大団円です。
たいてい、自分の体の前で腕を交差させて、隣同士と手を繋ぎながら、円になり歌います。

毎回、歌はよく分からないのでメロディーだけハミングしていた私。
歌詞はというと、Wikiに載ってました。
Auld Lang Syne

今日、みんな楽しんでると良いなぁ。

イギリス風?新年会とクイズ

土曜日は、日中仕事をしてきて、夜にYorkでJapanSocietyの新年会に行ってきました。
教会に隣接するラウンジの様な部屋で、皆が持ち寄った料理をつまみながら
日・英クイズをしたり、最後には和太鼓と三味線の競演を聴いたり。
新年らしいかな。

去年は参加できなくて、一昨年の新年会は凄い人が多くて椅子が足りなかったような記憶が。
今年は15人くらいだったけど、まぁ皆お互い数回あったことある顔見知りなので
小ぢんまりと、和気あいあいとしたパーティーでした。
久しぶりに食べた、お稲荷さん、おでん、春巻きにおしるこ、イギリスらしい野菜スープや
素晴らしいホームメイドのバナナトッフィーパイと、満腹で帰宅しました。


途中で出されたクイズ。
イギリス人には英語で日本に関する質問。
日本人には日本語でイギリスに関する質問。


Q1:6人の妻を持ったイギリス国王の名前は?
Q2:Yorkshireに育った小説家ブロンデ3姉妹の名前は?
Q3:「ジェーームスボンド」の原作小説の著者は?
Q4:アイルランドは聖パトリック、スコットランドは聖アンドリュース、
   ではイギリスの守護聖人は?
Q5:ロンドンオリンピックでイギリスが獲得した金メダルの数は?
Q6:イギリス議会の上院・下院の椅子の色はそれぞれ何色?
Q7:イギリスのプロムス最終日(Last Night of the Proms)に演奏される
   「Land of Hope and Glory」の作曲家は?
Q8:イギリスで一番大きいCounty(州)はどこ?
Q9:1パイントは何ml?


もう1問あったと思うんですが、思い出せません。
自信を持って答えられたのはQ1…のみ。

A1:ヘンリー8世
   HorribleHistoriesで彼の歌を覚えて以来、次々と乗り換えたお妃たちの
   名前も言えるようになりました。
   キャサリン・オブ・アラゴン:メアリー1世の母。男児に恵まれず離婚
   アン・ブリン:エリザべス1世の母。姦淫罪で魔女扱いされて死刑
   ジェーン・シーモア:王子エドワードを産んだ後に死亡
   アン・オブ・クレーヴス:肖像画で見て結婚したら馬面だったので離婚
   キャサリン・ハワード:若かったため異性交遊がひどく、反逆罪で死刑
   キャサリン・パー:結婚三年目に54でヘンリーが亡くなり、死別
A2:シャーロット、アン、エミリー
   シャーロット:『ジェーン・エア』
   アン:『ワイルドフェル屋敷の人々』思い出せず…
   エミリー:『嵐が丘』ガラスの仮面を読むといつも思い出す
A3:Ian Fleming(イアン・フレミング)
   全くNoIdea。
   クイズの最中、イギリス人に直接聞くという姑息な手段でポイントゲット。
A4:聖ジョージ
   言われてみればそうだった…世界大戦後に植民地だったマルタに対して
   イギリスへのサポートを感謝して贈ったジョージクロス。
   国王ジョージ6世の名前だと勘違いしてたけど、聖ジョージだったんだよね。
   白地に赤の十字は聖ジョージの紋章で、イングランドの国旗じゃないか。
   st.Jamesと悩んだんですが、彼(聖ヤコブ)はスペインの聖人。
A5:29個(小さい国なのに開催国だからか、かなり多かったんですよね)
A6:上院が赤で、下院が緑
A7:エルガー。威風堂々の作曲家。
   英語での曲名を知らなかったので、イギリスと言えばブリテンでしょう!と 
   よく読みもせずに選択肢のベンジャミン・ブリテンを選びました。
   威風堂々といえばエルガー…簡単な問題でつまづいてしまいました。
       *匿名でもコメント下さった方、ありがとうございます!
           エドワードとエルガーを混ぜた、エドガーなる怪獣みたいな名前を
           書いてしまいました。
           ご指摘頂けて助かりました。ありがとうございます(*^_^*)
A8:NorthYorkshire。
   そう、わが北ヨークシャーがイギリスで一番面積の広い州。
   Northumberlandとか他の大きい州の面積は5000~6000km2前後だけど、
   8654㎞2と別格の大きさだそう。
A9:568ml。

クイズが終わった後に、日本に住んだことのあるイギリス人のマイケルさんから
日本人である私と一緒に行ったSちゃんに質問。
「イギリスにいる間に、イギリスの文化とか何か勉強しましたか?」

HorribleHistoriesとか歴史は好きだし、美術とか音楽とか好きなことは多いけど、
自分で導き出した正解が3問ぐらいでは、大きなことが言えない。
あとの3問ぐらいは、近くに座ったイギリス人にその場で聞くという。
折角、話を振ってくれたのに
「まぁ…ちょっと…ええ…うん…」と曖昧な返事しかできずに終了。


パーティーの最後に、に三味線を演奏するマイケルさんを見て感動すると同時に、
イギリス人が日本のことを学んでくれてるのに私ときたら…やるせなくなりました。
異国に住むならその文化を学んだほうが良い、っと酷く痛感した新年会になりました。

Christmas Presents

ちょっと遅くなりましたが、クリスマスのことを。
はやく書きたかったのですが、この数日、Jのいない1人で暇な時間は本を読んでました。

先日お話しした「モンテクリスト伯」なんとか無事に見つけて読んでいます。
昨日は私の好きなキャラクターの一人ファリア神父様が亡くなり、ダンテスが脱獄。
今朝1巻が終わり、今はモンテクリスト島の宝を手に入れたところです。
これからの展開が楽しみ!

何年も読んでないけれど、高校時代には図書室で借りては返却したと同時に繰り返し借り…
古典的だけど、大好きな作品。
もちろんあらすじは覚えてるけど、痛快なまでの復讐劇は何度読んでも引き込まれます。

あら、また話がずれちった。

クリスマス、今年も素敵なクリスマスとなりました。
20131220_062757
J、Jのご両親、Jの弟くん、Jのおばさん&おじいさん、そして私の家族、弟家族からプレゼント。
うちでは事前に「何が欲しいか」自己申告制なのですが、これはこれで困る。
11月末に私自身の誕生日が終わってすぐの12月。(この時も「何が欲しい?」の嵐)

Jのおばさんからは結局小切手をもらい、そのお金でロンドン大使館のパスポート発行ができました。
プレゼントを買うのを楽しみにしてたのに、決めることが出来なくて申し訳なかったなぁ。
でも、凄くありがたかったと伝えたら、喜んでくれたのでOK。

ご両親からは電動歯ブラシ。
なんて実用的なんでしょう!って自分でリクエストしたんですが…。
イギリスの歯医者さん高いらしいので、その対策です。
まだ慣れないのでギュイ~ンという機械音が歯医者さんを彷彿とさせますが、ツルツル綺麗!

弟くんからはAmazonの商品券。
これまた実用的。結婚のお祝いで貰った分もまだ使ってないけれど、将来家を借りたり買ったり
する時には色々と使おうと思ってます。

JからはMicroSDカード。
これは私の新しい携帯の増設メモリ用にリクエストしたもの。
あまりにも色気が無いということで、M&Sのバラの香り製品3種類もくれました(写真右下)。
3for2だったうえにディスカウントが効いて、£11ぐらいで3種類。香水がお気に入りです。
Jからのクリスマスデコレーションは予想通りハリネズミでした。ニットで可愛いです。

私の両親からは、ラーメンやお菓子など日本食品と私にはイヤホン、Jには手袋。
ラーメンは「まるちゃん生麺」。おととい早速カレーうどん味を食べました(^^)
Jにとっては初めてのインスタント麺だったのですが、殊の外お気に召した様子。
手袋は携帯スクリーン操作できるもので、こちらもお気に入り。

私の弟夫婦からは写真立てと小鳥の置物、そしてPC眼鏡をもらいました。
小鳥はクリスマスにぴったりのロビンで可愛い。
PC眼鏡がJがPCゲームをするときに使ってます。

私達からはパジャマや手袋、マフラー、NEXTやM&Sの商品券を送りました。
日本へは姪へのクリスマスプレゼントにティディーベアを。
昨日、Yorkで買い物をしていたらセール中の可愛い子供服を発見。
1月になって郵便事情が落ち着いたら送ろうと思います。

Profile
Auther:Micha

日々の生活、趣味、仕事、ときどき旅行、 すこし勉強を織り交ぜつつ、 日記を続けられたらと思います。

ヨークの田舎でボランティアを1年半、 旦那ちゃんのJと出会い、2013年10月結婚。

コメント・拍手、気軽にコンタクト してもらえたら嬉しいです(*'u'*)

Photos
  • 見上げると、春。
  • 見上げると、春。
  • 見上げると、春。
  • 見上げると、春。
  • 母の日の準備とカード事情。
  • 母の日の準備とカード事情。
  • 3月11日。
  • 風邪ひきさんと食事の話。
  • 風邪ひきさんと食事の話。
Comments
Favourites
Blog Supports







Free counters!

お世話になってるWeb素材サイト様はこちら
Thanks !!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Search
  • ライブドアブログ