It's a cupcake not a toadstool !

綺麗な教会、街を彩る花、素敵な小さいお店、 でも、実はドロドロ歴史の舞台だった、 そんなイギリスの小さな田舎町から

English

「足の小指をぶつけて、あぁぁぁぁ」英語版。

嫌な思い・痛い思いをした時、英語で何と言いますか?
「机の角に足の小指をぶつけた時」という日記を以前書いたのですが(こちら
「小指をぶつける・英語」という検索をされた方がいたようなので、英語もメモ。
I stubbed my toe on furniture.
I hit my pinky (toe) on the edge of my desk.
HitでもOKだけど、Stubはダイレクトに「つま先とかをぶつける」という意味があります。
スペルの似た語にStabという動詞があり、こちらは「ナイフ等で刺す」。
Pinkie/Pinkyは小指という意味です。ピンキーリングのピンキー。

じゃ、英語ネイティブはどんな風に叫ぶかというと。。。
そのまま「what do you shout out when you stub your toe?」と検索してみた。
検索結果、出てきたのがGamespotというWebサイト(こちら)。
ゲーム好きのJが、新作ゲームの話題や、くだらないトピック等をよく読んでるので、
検索でGamespotが表示された時に笑った。
結果はというと


FFFFFFFFUUUUUUUUUUU!!!!!(あとは分かるだろ?)
"GRREHK!" (みたいな意味のない言葉)
"Ouch!"
"AHH ************************************."

...... ("God damn it! **** piece of **** Son of a ****."って歯ぎしりしながら頭の中で叫ぶ...)

注:「***」という星マークは放送禁止用語的な悪い言葉。

などなど。
まぁゲーム好きのサイトなので、主に男性かな。
自分で挙げておいてなんだけど、f○ck、sh○tを日常で使うのがどうかと思う。
アメリカのドラマとか日本でも見れるから、影響を受けやすいとは思うけど。
そんなにF-wordは使いません。
「あ~くそ」「ちぇっ」ぐらいの感覚で「Fuck」というのを聞くと、なんだ?!
荒れてるのかな?怖っ。。。と少しビビります。

この前、バスの運ちゃんが横入りしてきた車にイラついて「oh shit」と言った後
「excuse my mouth」(口が悪くて失礼)ってちゃんと謝ってました。
バスの運転手が「あーくそ!」なんて言うなって?それが言ってしまう田舎なんです。
つい、口に出るのは仕方ないんだけど、「excuse me/ excuse my mouth」と謝った方が無難。
女性なら「あ~もう!」って時も、「Oh dear(あらら、あらまぁ)」とか言ってた方が良いかな。
イギリス英語か分からないけど「shit」の代わりに「Sugar」という人もいます。
女性に多いかな。

「Heck」なら、まだ微妙~にアリな気がする。
HeckはHellをぼやかした言葉です、地獄という意味だし、やっぱり良くはない。
「うわぁ…」って嫌悪感を感じる時に「heck...」
こういう言葉は慣れるとすぐ口から出てしまいがちなので、使わないに越したことない。
「あああああ~~~~」で引っ張って、その後、どうしてもまだ怒りが収まらなかったら
「hell」なり何なり言えばいいと思う。
私が極まれに、超~~~ムカついた時は「ahhhhhh bloody hell」ぐらいかな。
これも、別に決して良い言葉じゃないけど、fuckよりかはマシな気がする。
(でも、やっぱり人前ではやめた方が無難。どうしても我慢できない時は小さな声で)

若かったら、カッコ良く思えたり?現地人と仲間意識が持てたり違うかもしれないけど。
あまり汚い言葉を私みたいな外国人が使うと、英語表現が出来るアピールにはなるにせよ
「どこでそんな表現覚えたの?」…と残念な結果になる可能性もあるかな。
日本語も美しく、外国語も美しく」というのが、やっぱり受けがいい気がします。

英語の勉強に真剣になれるか否か、それが問題だ。

1年前、ちょうど2月にIELTSのテストを受けました。
フィアンセビザの申請時に、英語力の証明が必要だったため、受けたテスト。
証明に必要なのは英検3級程度と、色んなブログにもあったので
あまり勉強しなかったなぁ。
試験の前日に、ボランティアの休みを貰っての一夜漬け。
学生時代から成長が見られない、残念な子。
結果はOverallで5.5。
Listening:5.5、 Reading:5.0、 Writing:5.5、 Speaking:6.0
勉強しなかったから、実力がそのまま出た結果になりました。

2年半前、イギリスに来る前に日本で受けた最後のTOEICは700。
Listening:400、Reading:300。
TOEICの時はさすがに少し勉強しました。

勤めていた会社内で受けるテストだったので、上司に結果が筒抜けだから。
試験会場だった目黒。
私の戸籍は目黒区なので、イギリスにボランティアとして渡る前の書類に必要な
戸籍謄本を受け取りに、テスト前に半休を貰って駅中の区役所へ。
時間が余って、誰もいないテスト会場で『NARUTO』の最新刊を読んでました。
後から来た同僚に「最前列なんて真剣!」と誤解されてしまう結果に。
まさか漫画の為とは言えない。
席は前の方が、リスニングが聴きやすいってのもあるけどね。


今の英語力はどの位なんだろう?
何か試験を受ければいいんだけど、受験料もかかるし、試験勉強も必要だから
今のところは保留。
IELTSの結果はビザの申請に関して有効期限があり、2年間だけ。
BRPの更新をする2年後までに、何か英語の試験を受ける必要があります。
机に向かう勉強は苦手なんだけど、少しずつ勉強した方が良いのかな…。

日本でときどき見かけた、洋書や英字新聞を読んでる人。
「そこの君!どうやってそうなったんじゃ?」と気になって、問い質したい気分だった。
とりあえず、帰国子女か超頭の良い人なんだろうと思うことにしてる。
海外で暮らして留学したら、すぐ上手くなるなんてオイシイ話じゃないよね。

そういえば、少し通ってた英会話学校の友達と手紙のやり取りをしてる中で
彼女が好きなミュージシャンの本にチャレンジ、読み終わったと言ってた。
その時も思ったんだけど。
「英語力の問題じゃない。継続する根気と精神力の問題だ…」
英語の宿題をいつもきちんとこなす彼女。英語に対する姿勢も仕事も生活も、
全て真面目だなぁ…と思ってたっけ。

飽きっぽい私は、何かを継続するのが苦手だけど、少しは友達を見習ったほうが良い。
分厚い本は無理だけど、子供向けの簡単な内容で、薄い本から始めようかな。
あ、PeterRabbit全巻は何とか読み終わりました。
こういう積み重ねが大事かもしれません。

By The Way,ニュアンスの違いに悩む。

チョット話は変わるんだけどね。
日本語だと、結構使う言葉だと思うんだけど、英語でそれらしい言葉があるかしら。
Jが日本語を勉強してる間に気になったので、確認。
辞書に載ってるのは
「Not to change the subject, but...」
個人的には
「By the way」

大体、「Not to change the jubject」とか言いつつ、話が変わってるじゃんか…
と少し悩み、J先生に聞いたところ
 「I don't mean to change the subject, sorry but I'd like to ask you...」
 つまり、話を変えるつもりはないんだけどね…(でも変わってしまってゴメンね)
 という申し訳ない気持ちがこもってるらしい。
 カジュアルな会話をする友達同士の間では、謝る必要があまりないので使われない。
 勿論、使うこともあるけど、その時はシリアスな内容が続く。


それと比べ「By the way」はというと、そういう謝罪の気持ちは特になくて、
 「That remind me/ I just remember, but...」
 そういえばさぁ…ふと思い出した時に、使う言葉なので、話の内容が
 急に変わってるかどうかは、余り関係ないらしい。
 ただ、ふと急に思い出したことを喋り出す時は、唐突になりがちなので
 「話は変わるけど」という意味で使われる傾向にある。

何となく使ってる日常会話でも、掘り下げると「なるほどね」と思うことがあります。

「話」にまつわる英語の表現をメモ。

話は戻るけどね、
 Can I backtrack a bit?
話を元に戻すと、
 Talk about what we were talking about,
 (Let's/Can I) Get back o what we were talking about,
話をさえぎって悪いけど(お話し中スイマセン)
 Sorry to interrupt you, but...
それで思い出したんだけど、
 That remind me,
ココだけの話、
 It's just betewwn us,
まとめるとさ、
 Let's sum up, shall we?/ Anyway,
話が逆だよ
 It's the other way around.
話が見えなくなったんだけど、
 You lost me/  I'm a bit lost/ I'm confused
ちょっと確認したいんだけど、
 Well, can I make it clear?
話にならないよ
 That's ridiculous/ It's out ot the question/ That's not warth talking about.
話が分かるね
(理解力があるね、地に足がついてるね(現実的ね)、利口ね)
 
He is so understanding/ he is down to earth/ he's bright


Anyway、あまり自分では使わない表現もあるけど、少しずつ使う機会を増やして
英語力を上げていこうと思います。

使えないAdjectivesと使えるAdverbs

学生時代に覚えるのが嫌いだった品詞と言えば、副詞(Adverb)。
なぜなら、無くても何となく意味は通じると思ってたから。

もう一つ苦手だったのは、形容詞(Adjective)。
なぜなら、無いと意味が通じないのに、種類がたくさんあるから

u3
この前、Jが日本語を勉強している傍らで、私は英語のテキストを開きました。
本日のテーマは、形容詞、そして副詞。
Jの日本語の後に、私の英語を見てもらったのだけど、彼が言うには
「こんな変な形容詞よりも、まだ副詞の方が使える」らしい。
えー、それは超疑問だな。

形容詞日本語英語(説明)
Arrogant尊大な(悪い印象)Boastfully proud
Boisterous騒々しい、賑やか、活発なVery noisy and disorderly
Contemptuous軽蔑的なVery scornful
Distinguished目立つ、特徴のあるWell-known; famous
Elaborate精巧なWorked out with great care
Frantic半狂乱のWild and rage or pain
GorgeousすばらしいRichly coloured; splendid
Hospitable温かいGiving warm welcome
Intelligent知的なQuick at learning
laborious面倒なRequiring much work
Memorable忘れがたいNot to be forgotten
Obstinate頑固なStubborn
PompousもったいぶったSelf-important
Ponderous重々しいHeavy and crumsy
Prosperous反映しているSuccessful; thriving
Radiant輝かしい、光っているBright; shining
Repulsive不快なCausing strong dislike
Stagnant停滞した(水・アイディア)Not running or flowing
Stationary固定されたNot moving
tumultuous騒然とした、激しいRough; violent

テキストにあった問題は「英語の説明をみて、該当する単語を選ぶ」というもの。
arrogantの時点で早速、悩む。
「boastfully proud(自慢げに誇る)」?「self-important(自己チュー)」?

boisterousとtumultuousも日本語では「騒々しい」なので、どっちがどっちだか…。
全部辞書で調べて、日本語を確認したのに、まだマッチングが上手く出来なくて悩む。
Jと一緒に答え合わせしたけど、それでも3問ぐらい間違ってた…。

似たような意味のものは、厳密に気にしなくても良い。
日本語だって、1つの単語に2・3つ意味があるのと、英語も一緒だということです。


副詞日本語英語(例文)日本語訳
awkwardlyぎこちなくThe old man fell awkwardly.老人はぎこちなく転んだ
bitterly苦々しく、ひどくThe wind howled bitterly.風が酷く吹いた
contentedly満足してThe cows grazed contentedly.牛は満足気に草を食んだ
courgerously勇ましくThe champion fought courageously.王者は勇ましく戦った
frugallyつましく(良・悪)The miser lives frufally.その守銭奴はつましく生きる
gracefully上品にTha girls danced gracefully.優雅に踊った
hungrilyがつがつとHe ate his food hungrily.がつがつ食べた
intimately個人的にI know him intimately.個人的に彼を知ってる
merrilyのんきに、楽しげにThe robbin chirped merrily.のんきに小鳥は鳴く
mournfully悲しげにThe child wept mournfully.悲しげに泣く
patiently根気よくWe waited patiantly.根気よく待った
politely上品に、礼儀正しくHe raised his hat politely.礼儀正しく帽子を振った
soundlyしっかりとThe baby slept soundly.しっかりと寝る赤ん坊
uproariously面白おかしく、We all laughed uproariously.皆で爆笑した
violently乱暴にThe thirf struggled violently.泥棒は乱暴に暴れた

テキストの問題は、例文の中の空欄にもっとも良い副詞を当てはめるというもの。
awkwardly(ぎこちなく)などは、ほぼ全部の例文に使えます。
「ぎこちなく→食べる、泣く、知っている、寝る、笑う、踊る」
私は最初、Youtubeにあるような、強盗に店に入って出られなくなるような
バカな泥棒の動画を想像して、「The thirf struggled awkwardly」としました。

Jの言う「副詞の方が使える」という訳は、色んな文に使えるからだそうです。
ただし、問題に一応回答があるように、「一番ぴったりしっくりくる」文章があるのも確か。

「牛だって、ガツガツhungrilyに食べるかもしれない」けど、普通の牛は
「何も考えずにぼけーっと食べる」。
Merrilyは日本語に「のん気に」とありましたが、「踊ったり歌ったりする楽しさ」。

同じ「上品に」でも「Gracefully」は踊りとか動きを連想せるような優雅さ。
もし同じ上品でも、「Politely」じゃなく、「Gracefully」に帽子を振ったら、
三銃士の様な、羽根つきの見事な帽子を優雅に振ってる感じ。


最後に「intimately」。
個人的に、親密に、詳しくという日本語訳だけど、あまり日常では使えないらしい。
「あの取引先のAさんと知り合いだったのね」
「ああ、彼のことなら個人的に知ってるんだ」


というような会話では、使わないんだそう。
夫婦とか特別な関係以外には使わないし、Jいわく、親友相手でも
「I know Shaun intimately」
と言ったら、ショーンは変な顔になるか、ジョーク扱いされると思うんだそう。
へぇ~

onomatopoeia:「あたふた」「イライラ」は英語で?

珍しく、英語のメモ。
(本当に珍しいのかタイピングミスして、「珍しぐ」とナマってしまった)

Onomatopoeia(オノマトペ・擬音語・擬態語)について。
ずっと何故だか、「オトマトペ」だと思い込んで読んでいました。
日本語には多い「音の印象」を表した「ざぁざぁ」や「わんわん」、または「イライラ」なんて言葉。
50音順に思いつく限り、列挙していきます。

オノマトペ

英訳


英訳

あたふた

hurriedly,
hastily

彼はあたふたと部屋を出て行った

He hurried  out of the room..

あっさり

simple,
lightly seasoned

ソバは あっさり している。

An soba has a simple taste.

あっぷあっぷ

glub-glub, blub-blub

学生は最初の年はあっぷあっぷだ。

Most students struggle for the first  year.

あはは

ha-ha,

har-har

いそいそ

cheerful

いそいそと夫を出迎えた。

She gave her husband cheerful welcome.

いちゃいちゃ

necking

彼らは人前でいちゃついていた。

They were necking  in pablic.

いらいら

growing impatient, irritating

渋滞に巻き込まれていらいらした。

Caught in a traffic jam, I grew impatient .

うかうか

off one's guard, idle, not attentive

うかうかしてると失敗するよ

If you aren’t attentive, you’ll fail.

うきうき

buoyant and cheerful,in high spirits

夏休みが始まって彼はうきうきしている。

With the start of summer vacation, he is buoyant and cheerful.

うじゃうじゃ

Whining

いつまでもうじゃうじゃ言うな。

Stop whining.

うずうず

be impatient, itch for

彼女に会いたくてうずうずしている。

He has been itching to meet his girlfriend.

うっかり

absentmindedly,
carelessly,
inadvertently

彼女は電車にうっかり傘を忘れてしまった。

She absentmindedly left her umbrella in the train.

うっすら

faintly, slightly, lightly. 

うっすらと空が白み始めた。

The sky began to show faint signs of light.

うっとり

filled with rapture,enchanted, enraptured

音楽にうっとりと聞き入った。

I was filled with rapture listeningto the music.

うとうと

dozing

通勤電車で多くの人がうとうとしている。

Many people regularly doze in the commuter trains.

うふふ

titter, tee-hee

うふふと思い出し笑いをする。

I remembers something and chuckles to myself.

うやむや

unsettled, undecided, indecisively, swept under the rug

この事はうやむやにしてはいけない。

We must not leave this matter unsettled.

うようよ

crawling,wriggling, covered with

手には黴菌がうようよしている

Our hands are covered with germs.

うろちょろ

hang around, run around.

入口近くでうろちょろするな。

Don't hang around  the entrance.

うわーっ

Wah(驚き),aaah,argh(恐怖),

Eek(悲鳴)

 

 

うんざり

be disgusted (by, at, with), sick of,fed up with

彼女の愚痴にはうんざり

I’ve had enough of  her complaints .

えっちらおっちら

With great effort, trudged

えっちらおっちら坂を上った

I trudged uo the slope.

おぎゃおぎゃ

wailing

赤ちゃんが、おぎゃおぎゃと産声をあげた。

The newborn baby gave its first cry.

おろおろ

in bewilderment, thrown off balance, shaken

彼女は母親を見失っておろおろしている。

she runs about in bewilderment with no sight of her mother.


あ行で、もうけっこう疲れたので、続きはまた今度。
Profile
Auther:Micha

日々の生活、趣味、仕事、ときどき旅行、 すこし勉強を織り交ぜつつ、 日記を続けられたらと思います。

ヨークの田舎でボランティアを1年半、 旦那ちゃんのJと出会い、2013年10月結婚。

コメント・拍手、気軽にコンタクト してもらえたら嬉しいです(*'u'*)

Photos
  • 見上げると、春。
  • 見上げると、春。
  • 見上げると、春。
  • 見上げると、春。
  • 母の日の準備とカード事情。
  • 母の日の準備とカード事情。
  • 3月11日。
  • 風邪ひきさんと食事の話。
  • 風邪ひきさんと食事の話。
Comments
Favourites
Blog Supports







Free counters!

お世話になってるWeb素材サイト様はこちら
Thanks !!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Search
  • ライブドアブログ