去年イタリアが羨ましいと思い、今年フランスが羨ましいと思う理由。
それはMIKAが音楽番組の審査員を務めるから。

イタリアのX Factorオファーを受けた時はビックリしたけど、1年足らずで
イタリア語をマスターし、通訳なしに彼独特のジョークの混じるイタリア語で
他の審査員と席を並べたのには、本当に凄い。
イタリアのシーズンが終わったと思ったら、今年はフランスのThe Voiceの
審査員を勤めるらしい。
フランスで育った彼はフランス語は全く問題なし。
m1
視聴者参加型の音楽番組は、1回見ると地味~も次が気になって見ちゃうんだけど、
本当はちょっと苦手。
○neDirectionをはじめ、多少上手いかもしれないけど、見た目や話題性で
人気が出てデビューするオーディション歌手のなんと多いことか…!
個人的にはロックやオルタナが好きなので、あまりポップは関係ないんだけど
それでも、TVに溢れる、ポっと出ポップミュージシャンには少し辟易気味。
本当に実力のある歌手が報われないのが悔しいです。
MIKAも本当に素晴らしい歌手なんだけど、最近はTVであまり見ないかな。
m3
2012年の12月に行った、マンチェスターでのライブは数百人規模でした。
まぁ超至近距離で最高だったけど。
(今日の写真は、ライブで撮ったものを引っ張り出しました)。

数年前にはフランスで、スタジアムを満員にしたライブを行った人なのに。
そんなMIKAがフランスに帰ってくる!
審査員ということは毎週、MIKAの姿を拝める!
なんて羨ましいんだろう…。
m2
一昨年アルバムを出してから、少しずつヨーロッパを中心に人気が戻ってきてる
ようなので、嬉しいです。
歌手としてだけではなくて、モデルをやったり、洋服のデザインをしたり、
Swatchとか有名ブランドと一緒に商品を発表したり凄い才能。

語学も得意だしね。
歌手は耳が良いのか、語学に秀でた人が多いけれどMIKAもけっこうなもの。
レバノン・アメリカの両親のもとに産まれたので、アラビア語と英語。
レバノンから逃れて移り住んだのがフランス。
スペイン語も少し話せて、妹が仕事の関係で覚えた広東語と日本語も少し話せる。
そして去年のイタリア語。
その才能の1つでも分けてもらいたい。

移住したことや、識字障害、あとはバイだからか、学生時代はイジメにも遭った
というけど、だからこそ人の心の奥深くを覗くような、ハッとする歌詞が
書けるのかもしれません。
切なくて優しくて可愛い歌に、励まされてスッキリした気持ちになり、元気が出ます。
そんなLolipopMusic。今年またライブで聞けると良いなぁ。