NINo(NationalInsuranceNumber)の取得のためにLeedsで面接を受けてきました。
先日、JobCenterのNINo専用の電話番号に問い合わせした結果、仕事のあてがあるということで、インタビューを受けることに(11月13日)。

インタビューの有無は個々のケースによって違うみたい。
とはいえ、インタビューは簡単に終わりました。
面接というより、面接官に質問されて私が答えた内容を、私の代わりに面接官がNINoの申請フォームに記入してくれるという感じ。
質問内容は
 ・パートナーの名前・生年月日・住所・NINo
 ・いつからイギリスに居るか?前回の滞在先は?
 ・他のヨーロッパ圏に住んだことある?
 ・以前の滞在の目的は?ボランティアの内容は?お給料は?
 ・就職先について(チラッと施設からの手紙を見せるだけ)
時間にして10~15分で終了。

指定されていた持ち物はパスポートとHomeOfficeからの書類、。
一応、追加で施設からのレター、Jのパスポートコピー、MarriageCertificateを持っていきました。
面接官はパスポートとResidencePermitのカードだけコピーを取ってました。
その場で「OK、NINo発行するから2~4週間後に郵送するよ」と言われ、終了。

対応してくれた黒人のおじさんは親切な人でした。
「私、結婚したから名前変えようと思うんだけど、どうしたらいい?」と聞いたら、名前変更のフォーマット・郵送用の封筒をくれました。
パスポート上の名前が変わったら郵送すればOKらしい。

久しぶりにLeedsの街中に行ったらクリスマス一色!
街の中心のストリートは、ほぼイルミネーションで飾られて綺麗。
特にアーケードは素敵でした。入ってるお店がちょっと高級で品と良いアーケード、白系で統一されたデコレーションが綺麗。
都会は苦手なCountryGirlなので、LondonもLeedsもちょっと苦手。行く前は面倒くさがってましたが、カメラ片手にウロウロ。
帰りの電車までに1時間半、思いのほか楽しくてLeedsを満喫しました。

AlneHall