It's a cupcake not a toadstool !

綺麗な教会、街を彩る花、素敵な小さいお店、 でも、実はドロドロ歴史の舞台だった、 そんなイギリスの小さな田舎町から

聖パトリックの日。緑色を着ましたか?

3月17日は、聖パトリックの日ですクローバー
カレンダーにも「st.Patrick's Day」って書いてあるけど、イギリスでは
それほど盛り上がらない。
彼はアイルランドの守護聖人なので、アイルランド本島では祝日、
アイリッシュ移民の多いアメリカでは、パレードなどをしているようですクローバー
くわしくはこちら
http://matome.naver.jp/odai/2133181030747397701

イギリス発祥のお祝いごとって少ないんだよね。
ガイフォークスデーぐらい。
歴史上の政治犯を処刑して、ロンドンを火事から守った記念日ということで
花火を上げたりするけど、お祝いとしては…どうかと思う
ただ最近は、パーティー好きの人が多いのか?バーンズナイト(スコットランド)や
聖パトリックの日など、他の国や地域のお祝いごとも輸入中。
「詳しくは知らないけど、盛り上がれるならパーティーしよ~」って感じ。

今日はお仕事だったのですが、ケアホームでは入居者に緑の服を着せたり
アイリッシュのラムパイや、ミント味のチョコなどデザート+ギネスでお祝い。
聖パトリックは、3つ葉のクローバー(シャムロック)を手にキリスト教を布教したので
シャムロックはアイルランドの国花になり、アイリッシュと言えば緑色クローバー
この17日に緑色を着てないと不幸になる?とか色々な噂があるらしい。
とりあえず、カーディガンを着ておいた。

人生初の外国滞在が、実はアイルランドですクローバー
キルケニーという南中央にある小さな町での、1か月ホームステイでした。
同じ時期にフランスから来た男子とかも、同じ家にステイしてたけど、
あまり覚えてない。
他の留学生は大人だったし、自分の部屋にいることが多かった気がする。
小学生ぐらいだった家の子供たちと、私は結構仲良くなったりして、
一緒によくシンプソンズを見てたなぁ。
海に連れてってくれたり、割と家族に可愛がられてたと思う。

自分の部屋の窓からは、家の向かいにある牧場の牛たちが見えて、日の長い夏の夜に
庭で野球ごっこ?をしたり、年下のホストシスター達と星を見ながら、
テントで寝たりしました。
もう12年も前のことなので、細かいことは覚えてないけど、良い思い出です
あのお家で、おばあちゃんが作ってくれたラザニアを食べてから、多分ラザニア好きに
なったのかも。今、ふと思いました。
1か月で○㎏太って帰ってしまったけれど。。。

おじいちゃんがポーカーを教えてくれたり、日本で習ったアメリカ英語も直してくれた。
真面目に世界大戦のことを色々話してくれたり、当時の私のつたない英語で戦時中の日本
のことを話し合ったりしました。
鉛筆画にハマってたので、最後におばあちゃんとおじいちゃんの似顔絵を描いたなぁ。
あ、家の冷蔵庫に名探偵コナンとポケモンのシールが貼ってあったっけ。。。
私の中の、海外に対してのなんとなく良い印象や、「人類みんな友達」みたいな楽観的な信頼は、
アイルランドで培われたのかも。
いつかキルケニーに、もう一度行ってみたいと思いますクローバー

【ブログを移行中です。新しいブログは→こちら

ボランティアの思い出と、今につながる経験。

この1か月で、昔のボランティア時代のお友達からメールや連絡をもらいました。
日本に戻った彼らは忙しく、私も筆不精で、なかなかマメに連絡できなかったのですが、
やっぱり近況を教えてもらうと嬉しい。

私の働く障害者ケアホームは、日本人1・2人+日本以外の外国人2・3人の
ボランティアを常に受け入れています。
私がボランティアとして派遣された時は、先輩として日本人男性が1人。
私と一緒に日本人女性が働き始めて、3人でボランティアをしていました。
その後、オーストラリアの子が来たり、卒業した先輩の後にガーナ、ドイツ、
コロンビアなどからボランティアが来て、一緒に働きました。
でも、やっぱり日本人同士で過ごす時間は長かったかな。

留学だと、「日本人同士で固まって現地の人や文化に触れない」というのは
あまり良くないかもしれないけど、ボランティアは少し違う気がする。
日本人同士で、色んなことを話し合いました。
政治や思想、社会情勢から、人間関係を含めて精神的なことまで色々。
海外に出てくる人は、視野の広い人が多いので、話をすると多角的に考えるし
自分にはない考え方とか、気づかされる発見が多いです。
勿論、英語の上達は大きな目標だけど、そんな1年ボランティアしたからって
ネイティブ並みになる訳ない。
目覚ましい上達は、凄まじい努力があればこそでしょう。
私は努力家でもないし、忍耐力もないので、まぁ一生勉強だと思ってゆっくり
少しずつ身に着けられたらとおもっってます。


ただ、英語以外の面でも成長できることは、本当にたくさんあります。
日中はイギリス人に囲まれて仕事をして、仕事が終われば、違う国や環境から
来た人と生活する。
仲良くなれる人もいれば、どうしても理解できない人もいる。
部屋は別だけど、同じフロアでの共同生活。
トイレのドアが開いたまま、用を足す男子。
私が順番待ちしてるの知ってるのに、洗濯機を割り込み使用でパンツ数枚を洗う男子。
教会に行く約束してるのに、迎えが来ても居留守使う男子。
仕事中に電話で大声で話し始める男子。
新しい携帯が自慢で、(皆興味のない)ボブマーリーを仕事中に大音量の男子。
キッチンスタッフをマジ切れさせる男子。
共同の部屋で大音量でSkypeする男子(紙にメモで注意したら、陰険だと何故か怒る)
ボランティアの送別・歓迎パブ飲みで、イヤホンを付けて音楽聞いてる男子。
あ、全部…同一人物ですが。。。

気の合わない人がいるのは日本だって海外だって同じだけど、その中でどうやって
ストレスをなるべく減らして、自分を活かすか、私にとっては良い勉強でした。
あ、理解できない彼に対する処置は「自分と同じ・理解しようと思わない」こと。
他人を「自分と同じ」だと思うと、「なんでコイツ、全然仕事しないんだよ!」とか
自分と同じクオリティを求めてしまうから、「この人はこの人、自分は自分」。
他人を「理解する」のは素晴らしいことだけど、出来ないからと言って悪い訳じゃない。
宇宙人並みに理解できないからといって、理解に「苦しむ」ことない。
割り切るって、ヒドイ言い方だけど、大切なことかもしれない。

私の場合、彼のことを割り切ってからは結構、楽になって、彼が何をしても
「有りえな過ぎて逆に凄いな」と思ってました。

でも、そんな風に色々経験できたのは、最初に一緒に働いた日本人ボランティアの
存在が大きいです。
海外で生活していく不安や悩み、色んなことを相談し合える友達と一緒だったのは
本当にラッキーだった。
そのおかげで今、自分がイギリスで生活できていると思います。

ボランティア仲間からメールで「着いて間もないミサさんから「わたしはここが好き」
という言葉を聴いて、それ以来その言葉がずっと心にあります」
と言ってくれました。
私自身は覚えてないんだけど、「ここが好き」という状態を2年、今も「ここが好き」
を言えるのは、本当に幸せなことだと思います。
職場をポジティブにとらえて愛着を持つことは、なかなか難しいですが、
日本に帰った彼が、愛着のある職場に出会えたことを報告してくれて、
自分のことのように嬉しいです。
もう1人の仲間も、イギリスで出会った伴侶との嬉しい報告をしてくれました。

私も彼らもボランティアの後、恋愛面、仕事面、色んな点で人生がそれぞれ変わりました。
それぞれにとって大きなターニングポイントだった1年だと思います。
でも、ボランティアという選択肢を選んだのは、それまでの人生の経験があってこそだし、
人生に無駄なことはないんですね。
それぞれ違う道に進んではいますが、明るい前途であることを願ってます。

ブログのお引越し先、決めてきました~。【追記】

JUGEMにしようと思います。
昨日、色々見てきたんですが、可愛いアメーバさんはカスタマイズが(私には)難しいのと、
管理画面がちょっとゴチャゴチャしてて、使いづらい気がする。
昔Webサイトを持っていた時にお世話になったJUGEMに戻ることにしました。
デザイン案を30個も保存出来たり、管理画面も割とシンプル。
昨日、新しいアドレスを取ってきて、引っ越し先確保です。
ただ、LivedoorとJUGEM間の移行が出来ないので、写真など含めて手作業。。。
昨日は大方のデザインをアレンジしてきたのですが、まだまだ途中、ふー。
明日、日曜日は1人で1日中フリーなので、パソコンと付きっきりかな。
これから今日はお仕事です。行ってきまーす。

【追記】
このブログの過去記事を新しいブログに移行しているのですが、
自動ではなく、手作業なので時間がかかります。
今月中は、こちらのLivedoorブログと新しいJUGEMブログ、どちらにも同じ記事をUP
しつつ、過去記事もできるだけ早く移行していきます。
今は、あまり新しいブログに記事が無くて申し訳ないのですが、4月からは新しいブログ
に専念できればと思ってます。
ブックマーク・お気に入り登録などしていただいている方には、ご不便ご面倒おかけして
申し訳ないですが、新しいブログで再登録していただけると、嬉しいです。
アドレス→
http://toadscupcake.jugem.jp/
拙いブログですが、今後ともよろしくお願いします。

livedoorからどこかに移行しようかな。。。

最近どうもおかしいと思ってたブログのコメント欄。
ブログ上で返信がうまく出来なくて、管理画面からしか返信できない
不便だなぁと思ってたら、そもそもコメントが出来なくなってる。。。
なんか NGワードとかを勝手にlivedoorが設定してるらしく、
「初めまして、こんにちは」みたいな普通の文章でも、エラーがあるのか
コメント投稿ができない(涙)

気づいたのは、他のlivedoorブログさんの日記に感動してどうしても
コメント書きたかったのに出来なかったの。。。
えー何がエラーなんだろ?と自分のブログを実験台に入力・投稿してもエラー。

livedoor、管理画面とか使い勝手は悪くないので、嫌いじゃなかったんだけど。。。
自分のブログでも、「コメントできない!」 って思った方がいるかもしれない。
そう思うだけで申し訳ないので、ブログの移行を検討中。
それにしてもショックだなぁ。。。 

追記。
早速だけど、アメーバに移行することにしました。
お引越しに2・3日かかるらしいです。

他のブログ会社にするか再検討中です。
アメーバに移行してみたんだけど、ブログデザインのカスタマイズが凄くしづらい!
しかも過去データを数件保存とか出来ないし!
アメーバブログさん、多いしデザイン可愛いから~と思ったんですが、
CSSだけでHTMLは無いし、自分で作ったタイトルなど画像とか色々使えないのは地味にヤダなぁ。
使い勝手の良いJUGEMにするか、アメーバで試行錯誤するか、Livedoorで様子を見るか考え中。
バタバタと申し訳ありませんが、今後ともよろしくお願いします。

「足の小指をぶつけて、あぁぁぁぁ」英語版。

嫌な思い・痛い思いをした時、英語で何と言いますか?
「机の角に足の小指をぶつけた時」という日記を以前書いたのですが(こちら
「小指をぶつける・英語」という検索をされた方がいたようなので、英語もメモ。
I stubbed my toe on furniture.
I hit my pinky (toe) on the edge of my desk.
HitでもOKだけど、Stubはダイレクトに「つま先とかをぶつける」という意味があります。
スペルの似た語にStabという動詞があり、こちらは「ナイフ等で刺す」。
Pinkie/Pinkyは小指という意味です。ピンキーリングのピンキー。

じゃ、英語ネイティブはどんな風に叫ぶかというと。。。
そのまま「what do you shout out when you stub your toe?」と検索してみた。
検索結果、出てきたのがGamespotというWebサイト(こちら)。
ゲーム好きのJが、新作ゲームの話題や、くだらないトピック等をよく読んでるので、
検索でGamespotが表示された時に笑った。
結果はというと


FFFFFFFFUUUUUUUUUUU!!!!!(あとは分かるだろ?)
"GRREHK!" (みたいな意味のない言葉)
"Ouch!"
"AHH ************************************."

...... ("God damn it! **** piece of **** Son of a ****."って歯ぎしりしながら頭の中で叫ぶ...)

注:「***」という星マークは放送禁止用語的な悪い言葉。

などなど。
まぁゲーム好きのサイトなので、主に男性かな。
自分で挙げておいてなんだけど、f○ck、sh○tを日常で使うのがどうかと思う。
アメリカのドラマとか日本でも見れるから、影響を受けやすいとは思うけど。
そんなにF-wordは使いません。
「あ~くそ」「ちぇっ」ぐらいの感覚で「Fuck」というのを聞くと、なんだ?!
荒れてるのかな?怖っ。。。と少しビビります。

この前、バスの運ちゃんが横入りしてきた車にイラついて「oh shit」と言った後
「excuse my mouth」(口が悪くて失礼)ってちゃんと謝ってました。
バスの運転手が「あーくそ!」なんて言うなって?それが言ってしまう田舎なんです。
つい、口に出るのは仕方ないんだけど、「excuse me/ excuse my mouth」と謝った方が無難。
女性なら「あ~もう!」って時も、「Oh dear(あらら、あらまぁ)」とか言ってた方が良いかな。
イギリス英語か分からないけど「shit」の代わりに「Sugar」という人もいます。
女性に多いかな。

「Heck」なら、まだ微妙~にアリな気がする。
HeckはHellをぼやかした言葉です、地獄という意味だし、やっぱり良くはない。
「うわぁ…」って嫌悪感を感じる時に「heck...」
こういう言葉は慣れるとすぐ口から出てしまいがちなので、使わないに越したことない。
「あああああ~~~~」で引っ張って、その後、どうしてもまだ怒りが収まらなかったら
「hell」なり何なり言えばいいと思う。
私が極まれに、超~~~ムカついた時は「ahhhhhh bloody hell」ぐらいかな。
これも、別に決して良い言葉じゃないけど、fuckよりかはマシな気がする。
(でも、やっぱり人前ではやめた方が無難。どうしても我慢できない時は小さな声で)

若かったら、カッコ良く思えたり?現地人と仲間意識が持てたり違うかもしれないけど。
あまり汚い言葉を私みたいな外国人が使うと、英語表現が出来るアピールにはなるにせよ
「どこでそんな表現覚えたの?」…と残念な結果になる可能性もあるかな。
日本語も美しく、外国語も美しく」というのが、やっぱり受けがいい気がします。

Profile
Auther:Micha

日々の生活、趣味、仕事、ときどき旅行、 すこし勉強を織り交ぜつつ、 日記を続けられたらと思います。

ヨークの田舎でボランティアを1年半、 旦那ちゃんのJと出会い、2013年10月結婚。

コメント・拍手、気軽にコンタクト してもらえたら嬉しいです(*'u'*)

Photos
  • 見上げると、春。
  • 見上げると、春。
  • 見上げると、春。
  • 見上げると、春。
  • 母の日の準備とカード事情。
  • 母の日の準備とカード事情。
  • 3月11日。
  • 風邪ひきさんと食事の話。
  • 風邪ひきさんと食事の話。
Comments
Favourites
Blog Supports







Free counters!

お世話になってるWeb素材サイト様はこちら
Thanks !!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Search
  • ライブドアブログ